NEWS

2017年11月09日

飯田哲夫個展 "Artwork on the Commonality II"

11月13日(月)~11月17日(金)まで、飯田哲夫個展”Artwork on the Commonality II”を開催いたします。
(11月17日(金)は17時まで)

□作家
飯田哲夫(Tetsuo Iida)
1992年 東京大学文学部仏文科卒業。 1995年 美学校造形基礎工房修了
□Message
ITビジネスに取り組みながら、そこで感じた問題意識と着想を作品に結実させています。今、私たちの社会では、共通化されたITのインフラ、あるいは、蓄積された大量のデータが、社会を変革するような新しいイノベーションを次々と生み出していると言われています。これは、一方では今の社会における大きなブレークスルーに繋がる可能性を感じさせます。しかし、もう一方ではその寡占が新たな停滞に繋がるリスクも指摘されています。今回の展示のテーマ「Artwork on the Commonality」では、全ての作品(Artwork)を共通のフレーム(Commonality)の上で制作することで、今の社会の表象を試みています。見て下さる皆さんが、そこから今の社会の可能性とリスクを考える契機となればと思っています。
□個展
2009年 「Ambivalent Images」 The Artcomplex Center of Tokyo (ACT)
2010年 「Ambivalent Images Ⅱ」 ACT
2011年 「melting borders」 ACT
2012年 「Color Code」 ACT
2013年 「Mutation」 ACT
2014年 「Mixed」 ACT
2015年 「Doubt the Boundaries」 ACT
2016年 「Capitalism and Beyond」 ACT
2017年 「Artwork on the Commonality」 ACT

ARCHIVES