NEWS

2018年09月01日

書 Sho  -音と言葉の間 (音楽と書の協演)-

2018年9月3日(月)~8日(土)まで、書家・小杉卓の作品展を開催しております。書で表現された言葉には独特のリズムや旋律が内包されてます。一方、私たちは音楽表現を感覚的に享受すると同時に言葉としても享受しています。今回、書表現と音楽とをかけ合わせた作品を展示するとともに、会場ではモチーフになった音楽を聴きながら作品をご鑑賞いただけます。是非お楽しみ頂ければ幸いです。
書 Sho  -音と言葉の間 (音楽と書の協演)-
2018年9月3日(月)~8日(土) 11時~23時
小杉卓
1990年生まれ。栃木県鹿沼市出身。
祖母の書道教室で書道を始め、茅島貫堂氏、鶴見和夫氏に師事。
栃木高校、国際基督教大学(ICU)卒業後、日本マイクロソフト株式会社を経て書家として独立。
東京・パリを拠点に国内外で活動。各地での展示やパフォーマンスのほか、
オーケストラとの共演や大学での講演など、『書』を軸とした文化活動を展開する。

ARCHIVES