NEWS

2019年08月24日

RIO UMEZAWA個展「Time 回顧展ー7年前から今」

/
来週10月5日(土)まで、RIO UMEZAWA個展「Time 回顧展ー7年前から今」を開催しております。
7年前に白黒作品を打ち出すきっかけになったグリッドシリーズ(キャンバスにマジックマーカーのみで描いた作品)から、細密画、カラフルなキャンバス画、立体のカラースプレー作品まで。
そして今取り組んでいる抽象画も展示しております。是非お気軽にお越しください。
RIO UMEZAWA個展「Time 回顧展ー7年前から今」A Retrospective Art Exhibition
the past 7 years until now
2019年9月17日(火)~10月5日(土) Gallery 11:00-18:00(日・祝日定休)Gallery&Dinig 18:00-23:00(水・木・金のみ)
*作品は終日ご覧いただけます。
*18時以降は貸切の場合もありますので、HP内のCalenderにてご確認ください。
<作家プロフィール>
RIO UMEZAWA(1974年三重県生まれ)
3歳から中学まで大浦峰郎絵画教室で学び、15歳で単身渡米。
マサチューセッツ州のアートハイスクールで絵画を中心に彫刻、シルクスクリーン、
エッチングに加えダンスやミュージカルなどを学び、サンフランシスコの
アートカレッジへ進学。
オーストラリアでワーキングホリデーを経験後、帰国。
1998年よりラジオのDJとしてキャリアをスタート、FM OH!(大阪)、ZIP-FM(名古屋)、JFN全国放送などで番組を担当しながら、様々なCMナレーション、MC、司会などの活動も。
2014年4月、画家として活動の場を広げるべく上京。
現在もラジオDJなどメディアの仕事も続けながら、個展、グループ展をはじめ、
日本国内 + 海外(シンガポール、台湾、香港、韓国、アメリカ、フランスなど)のアートフェアやコンペティション、グループ展などに出展。
ミュージシャンのアルバムジャケット、ドイツのワインラベル、三省堂書店のアーティストコラボグッズのデザインなども手掛ける。

ARCHIVES